募集
 のリスト

『対人援助職におけるスーパービジョン研修会』開催のお知らせ


2019年8月4日(日)、豪華講師陣による『対人援助職におけるスーパービジョン研修会』を開催することが決定しました。 講師は、スーパービジョン研究や現任者研修の講師で全国的にご活躍している 野村豊子先生(日本福祉大学教授)、岡田まり先生(立命館大学教授)、潮谷恵美先生(十文字学園女子大学教授)、片岡靖子先生(久留米大学教授)が揃って来県されます。 ソーシャルワーカー、ケアマネジャーなど対人援助に携わる専門職は、自身の実践を振り返り、自身の実践への課題を知り、そしてクライエントに対して更なる丁寧で貢献につながる実践を行うことは、責務であります。そして、その過程には、「スーパービジョン」が重要です。しかし、我々の現場では、スーパービジョンの重要性を認識しつつも、それが業務として位置づけられておらず、スーパーバイザーがその機能を十分に発揮できていない課題があります。 そこで、今回、社会福祉士、MSW、PSW、ケアマネジャー等の対人援助職の共通の課題である「スーパービジョン」に焦点を充て、研修会を開催することになりました。 このような豪華講師陣が徳島県に揃って来県される機会は、めったにない機会です。 管理的な立場にある方、また後輩がいる方は人材(人財)育成という側面からスーパービジョンを学ぶ機会に。新人やバイジーの立場にいる方はスーパービジョンを受ける意義について。それぞれの立場でスーパービジョンの学びを深める機会として、是非、この研修会をご活用いただければ幸いです。 対象は、徳島県内(外)で医療、福祉、介護領域で従事する社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員等で、スーパービジョンに関心があり、熱意をもって研修会に参加したいという方としております。 なお、参加費は無料です。定員は、100名です、申込み締切りは7月20日(土)としております。定員になり次第に締切りさせていただきます。。 5月20日(月)から申込み受付を開始いたします。 研修会の申込書は、「徳島県社会福祉士会」、「徳島県医療ソーシャルワーカー協会」のホームページに掲載しております。 (徳島県精神保健福祉士協会のホームページにも掲載を予定しております。) ダウンロードの上、必要事項を記載して申込みください。 是非、この貴重な機会に研修会にご参加いただき、スーパービジョンを学びましょう。ご参加をお待ちしております。 研修会実行委員会 徳島県医療ソーシャルワーカー協会 郡、大森、高木、織原 徳島県精神保健福祉士 黒下、本間 徳島県社会福祉士会  湯浅、秋月 NPO法人ゆいまーる 位頭
LINEで送る

人生100年ライフ・シフト大学(LIFU)が開校します!


人生100年時代を迎えるにあたり,徳島大学病院では医療を中心とした地域や社会に貢献できる人材の育成を始めることになりました.名付けてLIFUです.ポスター,募集要項を添付いたしますが,申込先は徳島大学病院となっておりますのでよろしくお願い致します. 受講資格:自らの意思により人生100年を再創造したい,健康長寿社会に貢献したい人(年齢の制限はありません *未成年者は原則不可)) 募集定員:20人程度 受講料:50,000年/年 24回の講義を受けて頂きます.卒時には「徳島大学病院ライフ・シフト認定士」の称号を授与します. 申込期間:平成30年8月1日(水)~8月17日(金) 午後5時必着 申込書:徳島大学病院ホームページからダウンロードできます.https://www.tokushima-hosp.jp/life_shift.html
LINEで送る

連携医療うずの会 第30回定期学習会「地域包括ケアシステムをみんなのものに」の案内


平成20年に発足した、地域のヒューマンネットワーク構築を目的とした集まりです。 徳島県地域包括ケアシステム学会の理事の方をはじめ、これまでには全国的に有名な医師の方々も参加されています。 今回のテーマは「地域包括ケアシステムをみんなのものに」(添付資料1)と題し、できることを探りたいと思います。 もしかすると、うずの劇団ストーリーに新たな台本が創られるかもしれませんね。 本会は、地域完結型医療及び患者様の全人的医療を実現すると共に、 地域において安心できる療養生活を確保するため、 医療・保健・介護・福祉分野の垣根を超えた関係を築くことを目的としています。 そのために、会員同士の相互理解と連携を深め、定期学習会、地域啓発活動としては「うずの劇団:認知症劇、脳卒中劇、男女共同参画劇etc」 うずのように地域を巻き込みながら、運営及び会員の質向上を日々行っています。 直近のうずの劇は、三好市民講座(添付画像2) 参加職種は、医師、保健師、看護師(病院・訪問)、ソーシャルワーカー、ケアマネ、療法士、事務職、住職、など経歴も職種も多様です。 県内には、職種別の団体や、機関同士の交流はありますが、様々な職種が役割を担っている連携担当者の組織は、知名度はまだありませんが、注目はされているところです。 学習会後には、「巣立ち~な」という懇親会を設け、「顔の見える関係」から「腹のみえる関係」へと繋げています。 「巣立ち~な」のみ参加される方もおいでます。 申し込み:徳島連携医療うずの会 事務局 E-mail    uzunokai@gmail.com
LINEで送る

求む 地域福祉計画等策定市民会議委員


あなたはいま幸(しあわ)せな生活(せいかつ)をおくっていますか? 幸(しあわ)せだとして、これからもずっとその生活(せいかつ)を続(つづ)けられると思(おも)いますか? 幸(しあわ)せでないとしたら、幸(しあわ)せを実感(じっかん)できるためには何(なに)が必要(ひつよう)ですか? どんな境遇(きょうぐう)にあってもどんな状況(じょうきょう)になっても、誰(だれ)かがあなたを見守(みまも)り、あなたが絶対(ぜったい)に孤立(こりつ)することなく、社会(しゃかい)の一員(いちいん)として認(みと)め続(つづ)けられる、そんなあたたかい地域(ちいき)をこの鳴門市(なるとし)で実現(じつげん)するための計画(けいかく)を、一緒(いっしょ)に考(かんが)えていただける委員(いいん)さんを募集(ぼしゅう)しています。 応募方法  応募用紙に必要事項をご記入の上、市社会福祉課に郵送もしくはご持参ください 応募締めきり 平成28年10月31日(月)まで 募集人数   60名程度(高校生以上) 主な役割  ・地域住民の声を聴き出す ・地域でできることを考える ・計画に盛り込む内容を確認する お問い合わせ先 〒772-8501 鳴門市撫養町南浜字東浜170 鳴門市役所 社会福祉課 地域福祉担当   ℡ 088-684-1219 fax 088-684-1337 Mail shakaifukushi@city.naruto.lg.jp
LINEで送る

第54回日本理学療法学術研修大会の総合事業実践報告会のご案内(2019.5.25)


第54回日本理学療法学術研修大会の総合事業実践報告会のお知らせです. 演題申し込みは3月31日から4月15日まで延長します。抄録締め切りについても4月15日から4月26日まで延長します。 他職種の方々から多くの演題発表をしていただけるようにご協力よろしくお願いいたします。 第54回日本理学療法学術研修大会 大会長 鶯  春夫
LINEで送る

第1回在宅医療よろず勉強会のご案内


 徳島市医師会では、徳島市在宅医療・介護連携推進事業の一環として、第1回在宅医療よろず勉強会を開催いたします。  本勉強会は、在宅医療を提供する上での診療報酬上の解釈や書類の記載の仕方等、事務的内容について、医師を主とした多職種が学ぶことを目的としています。  是非、ご参加ください。
LINEで送る

第7回徳島市在宅医療市民公開講座


 徳島市在宅医療・介護連携推進事業の一環として、市民の皆様に在宅医療を知っていただき、選択肢の一つとしていただくことを目的に、今年度も市民公開講座を開催します。 是非、ご参加ください。
LINEで送る

エンドオブライフケアにおける援助者養成基礎研修in徳島 開催のご案内


3月9日(土)、10日(日)徳島県で「エンドオブライフ・ケアにおける援助者養成基礎研修」を開催いたします。 全国的に看取りの場が病院から、在宅、介護施設へと移行する中で、介護現場で従事する援助者が、多様な専門職と連携しながら、患者・利用者およびその家族が直面する「人生の最終段階:エンドオブライフ」でのケアを提供していくかが問われる時代が訪れています。 このような状況におきまして、徳島県の福祉・介護人材キャリアパス支援事業の一環として徳島県医療ソーシャルワーカー協会が研修実行委員会を立ち上げ、エンドオブライフ・ケア協会の小澤竹俊先生を招き、介護現場でのエンドオブライフ・ケアに取り組める人材育成を目的とした研修会を開催する運びとなりました。徳島の地で開催される絶好の機会ともなりますので、是非、ご参加くださいますようよろしくお願いします。 平成31年1月15日 エンドオブライフ・ケアにおける援助者養成基礎研修・実行委員会 寺嶋吉保(徳島県立中央病院)、津田祐子(四国大学)、邉見知惠子(徳島県看護協会)、 位頭薫(NPOゆいまーる)、徳島県医療ソーシャルワーカー協会理事 追伸:当該研修プログラムは、通常、エンドオブライフ・ケア協会主催で受講した場合、受講料が30,000円を要する研修ですが、この度、徳島県の助成を受け、開催する経緯から受講料は、無料(ただし、テキスト代4,000円)になっております。
LINEで送る

石井町権利擁護セミナー&高齢者・障がい者なんでも無料相談会in石井町 開催案内


石井町、石井町社会福祉協議会、とくしま高齢者・障がい者権利擁護ネットワーク(とくしま絆ネット)の共催により、「石井町権利擁護セミナー」及び「高齢者・障がい者なんでも無料相談会in石井町」を開催いたします。午前の「石井町権利擁護セミナー」については、「もっと身近に、知って安心!成年後見制度」をテーマに、前半は石井町社会福祉協議会 法人後見事業準備会 委員長である生長拓也弁護士による講演、後半は、それぞれの立場で成年後見制度利用支援を担う各支援者が活動を報告いたします。平成31年度より、石井町社会福祉協議会では法人後見事業を開始する予定であり、この機会に地域住民、関係機関の方々に成年後見制度への理解をさらに深めていただき、権利擁護の充実に向けた取り組みの契機とすることを目的としています。また、午後の「高齢者・障がい者なんでも無料相談会in石井町」では、成年後見制度や福祉サービス、虐待、相続、遺言、借金、消費者被害、年金や生活保護等、法律や福祉についてのご相談を、弁護士、司法書士、社会福祉士等の専門職がチームとなってお受けします。相談時間は60分、ご本人、ご家族、支援者等からのご相談をお待ちしています。相談希望の方は、事前にご予約をお願いいたします。
LINEで送る

2018年度四国ブロック医療ソーシャルワーク大会 第10回徳島県医療ソーシャルワーク学会の開催案内(参加者募集)


2019年1月26日(土)、1月27日(日)の両日、四国ブロック医療ソーシャルワーク大会及び徳島県医療ソーシャルワーク学会を開催します。 今年は、「10年先のソーシャルワーク実践を見つめる」をテーマに、久留米大学 文学部 社会福祉学科の准教授 片岡 靖子 先生をお招きし、「ソーシャルワーク理論から実践を言語化する意義とは」を企画しております。片岡靖子先生は、(公社)日本医療社会福祉協会、認定社会福祉士機構・認定機構の理事等もされており、またMSWや社会福祉士、ケアマネジャー等の対人援助職の現任者教育の研修講師でもご活躍され、その研修内容は大変わかりやくお話いただけますので、とても人気のある先生です。 講義とグループワークでは、ソーシャルワークにおける実践のひとつひとつの判断や行動の根拠を、理論的な背景をもって言葉で説明できる力を培うことを目的としておりますが、わかりやすく、また楽しく学べる機会になるかと思います。 1月27日(日)は、四国4県のMSWから、学会形式でソーシャルワーク実践報告の機会も用意されております。 是非、徳島県内のMSWの皆様にはご参加いただけたら幸いです。 また、自身のSWの実践を振り返りたい、実践力をつけたいと思っている非会員のSWやCMの方、学生の方もご参加いただけるよう準備しておりますので、ご興味のある方は是非、ご参加いただければと思います。 詳しくは、徳島県医療ソーシャルワーカー協会のホームページをご確認ください。
LINEで送る

第5回三師会(徳島市医師会・徳島市歯科医師会・徳島市薬剤師会)主催 多職種のための在宅医療研修会のお知らせ(H30.11.16)


 多職種の皆様の在宅医療に関する知識、技術の標準化を目的として、今年度も三師会主催多職種ための在宅医療研修会を開催いたします。 今回は、徳島大学病院歯科(歯周病科)講師の成石浩司先生から「幸せな人生の最終段階をお迎えいただくために~歯科医師の立場から~」と題してご講演いただきます。  徳島市内で従事する多職種の皆様、是非、ご参加ください。
LINEで送る

『第3回 四国とくしまドローイングメモリアルフェスティバル2018 in 那賀』


なかなかいいいなかで3周年! 『第3回 四国とくしまドローイングメモリアルフェスティバル2018 in 那賀』 平成30年10月7日(日) 9:00~16:00 那賀町日野谷体育館、グラウンド (徳島県那賀郡那賀町大久保字中西28番地) 15:15~日本一豪華景品、ドローンが当たるお楽しみ大抽選会開催!イベント受付で抽選券を貰おう!(先着300名様)※抽選券は無くなり次第、配布終了します。 グラウンドイベント無料 体育館内ドローンイベント入場料200円 午後入賞賞品ありのドローン競技参加300円 専用駐車場有(会場約200m) ※日野谷診療所など周辺各所に駐車場完備。 駐車場~イベント会場間、定期運行シャトルバスあり。 ドローン特区に指定されている四国の右下、那賀町。 清流と森林面積95%の緑豊かな大自然の中で ドローンと林業体感できる地域住民主催イベント! 那賀町でドキドキワクワクの思い出をつくろう! ドローン体験以外にも各種飲食販売や那賀町物産品、展示ブースの出展あり。お楽しみ抽選会もあるので親子で出かけてみよう。 ◆ナカの若人主催!オール手作り地域活性イベント◆ ドローイングメモリアルフェスティバル実行委員会 徳島県版ドローン特区を民間から盛り上げ、ドローンや林業の普及、地域活性化につなげたい! マチの未来を担う子ども達がイベントを通じてドローンや林業の可能性に触れ、これからの人生を彩る良き思い出づくりの機会となってほしい。 そんな想いでドローイングメモリアルフェスティバルイベントを毎年企画運営しています。(広報担当:亀井)
LINEで送る

第8回キーパーソン3-医師・訪問看護師・ケアマネジャーの事例検討会-


 台風20号により開催を延期しておりました、第8回キーパーソン3-医師・訪問看護師・ケアマネジャーの事例検討会-を開催いたします。  このキーパーソン3は、徳島市在宅医療・介護連携推進事業の一環として、医師・訪問看護師・ケアマネジャーを在宅医療におけるキーパーソンと位置づけ、それぞれの役割や互いの距離感を掴み、三職種の連携が図られることが、患者とその家族を中心とした質の高い在宅医療の実現につながるものと考えています。  三職種が一堂に会し、具体的個別事例を様々な角度から検討する事例検討会となっておりますので、徳島市内で従事する医師・訪問看護師・ケアマネジャーの皆様、是非ご参加ください。
LINEで送る

徳島県医療ソーシャルワーカー協会定期研修会のお知らせ


徳島県医療ソーシャルワーカー協会の定期研修会を平成30年9月9日(日)13:00~15:00に開催します。 今回は第一部に、がん患者会「ガンフレンド」代表の渋谷義久氏をお迎えし、「がんサバイバーとしての私の物語~がん患者のココロとソーシャルワーカーに望むこと」と題しご講演をいただきます。 第二部は、フリーディスカッション「私たちが明日からできることを考える」を予定しております。 当事者の「声」から学び、当事者に貢献できるソーシャルワークを展開する気づきと学びの場に、MSWや対人援助職の皆様のご参加をお待ちしております。
LINEで送る

徳島県医療ソーシャルワーカー協会主催 第42回医療福祉研究会の開催案内


徳島県医療ソーシャルワーカー協会(徳島県MSW協会)では定期的に医療福祉研究会を開催し、会員の知識や技術の向上に寄与することを目的にワークショップを提供しています。 今回のテーマは、「ソーシャルワーク実践研究の意義と方法」で企画しております。学会発表や実践研究に挑戦したいけど、どうやって取り組みしたら良いかわからない、自信がない、と言う方のお役に少しでも立つことができればと考えております。 是非、会員の方には徳島県MSW協会、医療福祉研究会にご参加して頂き、実践研究の意義について振り返り、実践研究や学会発表に挑戦いただけばと思います。
LINEで送る

フレッシュ医療ソーシャルワーカー研修(MSW新人研修)のご案内


徳島県医療ソーシャルワーカー協会では、4月より医療ソーシャルワーカーとして入職した方や3年未満の医療ソーシャルワーカーを対象にしたフレッシュ研修会を開催します。 また学生の方でも、将来、医療ソーシャルワーカーを目指している方もご参加いただけます。 原則3年未満ですが、4年目以降の方でも参加は可能です。 毎回、沢山の方がご参加いただいている大人気企画です。是非、ご参加ください。
LINEで送る

徳島県医療ソーシャルワーカー協会  定期総会・記念講演会のご案内


徳島県医療ソーシャルワーカー協会では、平成30年度の定期総会の開催に併せて、添付の記念講演を執り行うこととなりました。 日本慢性期医療協会の会長、日本病院団体協議会議長をはじめ、中医協の分科会委員など数多くの役職を務め、日本の医療のあり方についても数多くのご提言されている武久洋三先生をお招きし、ご講演をいただく予定です。 タイトルは『平成30年度診療報酬・介護報酬の同時改定から紐解く~これからの医療ソーシャルワーカーに期待すること~』としております。 当協会に所属する保健医療分野のソーシャルワーカーに限らず、非会員のMSW、相談・連携分野に従事する看護師、医療との連携を必要とするケアマネジャーや訪問看護師の皆さんにも是非、ご参加いただければ幸いです。 また、当協会に入会していない医療ソーシャルワーカー、新年度より医療ソーシャルワーカーとして従事される方につきましても、この機会にぜひ、徳島県医療ソーシャルワーカー協会にご入会いただければ幸いです。
LINEで送る

平成29年度 第二回 みよし ケア・カフェについて


添付資料をご参照下さい。 だんだんと寒さを感じられる季節になってきました。 さて、秋の夜長でもあり、そろそろ温かい飲み物を飲みながら、いろいろと語る場を設けるため、第2回目のケア・カフェを実施いたします。すでに案内が届いている所もあると思いますが、まだ定員に余裕があるため、この場をお借りして報告いたします。今回は、徳島県看護協会が推進する、訪問看護全県展開応援事業のご協力を仰ぎ「訪問看護ってどんなで?」というテーマで実施いたします。訪問看護って実際にどんなことを行っているのか等々をコーヒーでも飲みながら、話をしませんか? お仕事が大変忙しい、月末でありますが、皆様のご参加お待ちしております。
LINEで送る
さらに見る
本学会にご賛同頂きました団体会員の皆様

本学会にご賛同頂きました賛助会員の皆様