講演
 のリスト

第20回 徳島県慢性期医療学会のお知らせ


みだしのとおり,2018年7月22日(日)に開催されますので,ふるってご参加ください.
LINEで送る

徳島県医療ソーシャルワーカー協会  定期総会・記念講演会のご案内


徳島県医療ソーシャルワーカー協会では、平成30年度の定期総会の開催に併せて、添付の記念講演を執り行うこととなりました。 日本慢性期医療協会の会長、日本病院団体協議会議長をはじめ、中医協の分科会委員など数多くの役職を務め、日本の医療のあり方についても数多くのご提言されている武久洋三先生をお招きし、ご講演をいただく予定です。 タイトルは『平成30年度診療報酬・介護報酬の同時改定から紐解く~これからの医療ソーシャルワーカーに期待すること~』としております。 当協会に所属する保健医療分野のソーシャルワーカーに限らず、非会員のMSW、相談・連携分野に従事する看護師、医療との連携を必要とするケアマネジャーや訪問看護師の皆さんにも是非、ご参加いただければ幸いです。 また、当協会に入会していない医療ソーシャルワーカー、新年度より医療ソーシャルワーカーとして従事される方につきましても、この機会にぜひ、徳島県医療ソーシャルワーカー協会にご入会いただければ幸いです。
LINEで送る

阿波踊り&いきいき百歳体操講座


40名定員だそうです。詳しくは↓ http://ikigai-zaidan.or.jp/wp-content/uploads/2017/03/8d263b9aa82bb7e07c8c728680ec17cf.pdf
LINEで送る

専門職に対する認知症講演会


 徳島市医師会では、徳島市在宅医療・介護連携推進事業の一環として、専門職に対する認知症講演会を開催いたします。  この認知症講演会は、昨年度の多職種連携会議において、「認知症患者を地域で支える上での課題とその解決策」を多職種の皆様でご協議いただいた結果、「専門職、地域住民ともに認知症に関する知識と理解が不足している」との課題が挙がり、その解決策として「(①関わる専門職に対して②地域住民に対して)認知症に関する理解を深める」が導き出されたため、まずは、専門職の皆様に認知症に関する知識と理解を深めていただくことを目的に開催することと致しました。  今回は、徳島県認知症疾患医療センター長の大森隆史先生と、健祥会グループ経営戦略推進部長の柴山義明先生にご講演いただきます。  徳島市内で従事する専門職の皆様、この機会に是非ご参加ください。
LINEで送る

第4回訪問看護普及フォーラムのお知らせ


みだしフォーラムのご案内をさせて頂きます.ふるってご参加ください. 問い合わせ先 公益社団法人徳島県看護協会 徳島県訪問看護支援センター お問合せ先 TEL 088-631-5544 FAX 088-632-1084 Mail: houmonkangosientokushima@gmail.com
LINEで送る

地域リハビリテーション研修 凌雲グループ学術大会


みだしの研修会が開催されます。ふるってご参加下さい!
LINEで送る

三好病院 市民公開講座


三好病院市民公開講座のお知らせです. 日 時 平成29年 平成29年 5月 27 日( 土) 午後1時30分 午後1時30分 午後1時30分 ~ 午後 3時まで 時まで 会 場 徳島県立三好病院 徳島県立三好病院 徳島県立三好病院 外来棟2階 外来棟2階 外来棟2階 多目的ホール テーマは肝がんです.関心のある方は,是非どうぞ~
LINEで送る

徳島県医療ソーシャルワーカー協会 記念講演会のお知らせについて


平成29年5月21日(日)、別添資料のとおり記念講演会を開催します。 講師は3月31日をもって徳島大学を退職された杉原治美先生をお招きしております。 看護師・看護師長として、また社会福祉士をもった退院調整看護師として、 退院調整をはじめとした相談援助の最前線で活躍されていたことは ご存知の方も多いかと思われます。 杉原先生から退院調整の現場で、MSWはどう見えていたか、また何を伝えたいか、 90分という短い時間に長年の想いを凝縮されます、皆様のご参加を心から お待ちしております。
LINEで送る

市民公開講座(岡山市)


学会は年に1度学術集会を実施しています。そういった学術集会の後にほとんどの学会では、一般市民に向けた市民公開講座を行なっています。岡山では、リハビリテーション医学会学術集会が開催され、市民公開講座のテーマも地域包括ケアシステムとなっています。 では、toccsでも市民公開講座をしないのか、とお叱りを受けるところですが、toccsは一般の方すべてが学会に入会可能ですので、あえて市民公開講座を行う必要がないんですね、(*^o^*)
LINEで送る

三好市医師会学術講演会のお知らせ(2本)


三好市学術集会のお知らせを2本立て続けにお知らせ致します.地域包括ケアシステムの進展のため,今後とも連携をさせて頂きます,(#^.^#).
LINEで送る

地域福祉講演会(北島町)のお知らせ


以下のとおり,お知らせいたします. 日 時:平成29年3月24日(金)      (受付)午後1時~      (講演)午後1時30分~3時15分 場 所:北島町図書館・創世ホール 3階 多目的ホール 講 師:菱沼 幹男 氏 (日本社会事業大学 社会福祉学部福祉計画学科 准教授) 参加費:無料(申し込み不要) 主 催:北島町 お問い合わせ先:北島町地域包括支援センター (TEL 088-698-8951)
LINEで送る

徳島市在宅医療市民公開講座のお知らせ


日時 3月19日日曜日14-16時 場所 ホテルグランヴィリオン 定員300名 入場は無料ですが、整理券が必要とのことです。
LINEで送る

若年性認知症研修会のお知らせ


若年性認知症に関する講演のお知らせです.ふるってご参加ください.
LINEで送る

これぞ,地域包括ケアシステム


様々な行政や医療・福祉系団体などが行う研修というのは,専門職向けや,市民公開講座といっても一般的に地域に根差さないようなものが多いのかなと感じてきましたが,たとえば,地域の自治会,老人会などが健康維持や介護予防に対する知識を身に着けるため,自主的に研修会を開催する,なんて聞くとある意味新鮮で,応援したくなりますね.まさしく地域包括ケアシステムにおける「住民主体の...実現」です.という研修のご案内でした,(#^.^#).事務局 白山
LINEで送る

研修案内(会員医師限定)


まさにトレンドのテーマですね。認知症初期集中支援の取り組みについて。 残念なのは、会員限定となっておりますので、参加された先生のご報告をお待ちしています、^_^
LINEで送る

那賀イーと,つながる・みまもるプロジェクトフォーラム抄録集ができました!


那賀イーと,つながる・みまもるプロジェクトフォーラム抄録集ができましたので,先に公開致します.なお,参加は那賀町以外の方でも自由・無料ですが,席が150席しかありませんので,お早めにおでかけください.しかし,演者ラインナップみると,全国学会規模を上回っているかもしれません...(笑).ふるってご参加ください.また,当日は,「阿波あいネット」といって,自分の診療情報をクラウドにあげ,どこで何があっても投薬や既往歴がすぐにわかるシステムへの参加も呼びかけますので,合わせてご協力ください.
LINEで送る

平成29年度 徳島県緩和ケアフォローアップ研修会 「死に逝く人に寄り添えるケアとは」 講演とロールプレイ


さて、平成 29 年度 徳島県緩和ケアフォローアップ研修会を下記日程にて開催します。 今年度は、日本エンドオブライフケア協会理事 小澤武俊先生にご講演いただきます。 小澤先生は、地域で看取りを含む適切な ELC が提供できる人材の育成を目的に 日本エンドオブライフケア(ELC)協会を設立して、2日間の研修プログラム「ELC 援助者基礎 講座」を精力的に開催しています。 わずか 2 年弱で 2000 名以上の医療介護スタッフの修了者を生み出し、この修了者が中 心となり各地で ELC 勉強会を立ち上げています。 この2日間の講義やロールプレイでは、 死に逝く人への援助の苦手意識を払拭して、 自信を持って取り組めるようになるために必 要な知識・姿勢・コミュニケーション技法を習得する第一歩となっており、参加者から高 い評価を得ています。 今回徳島県では、半日でこの2日間研修プログラムの要点を紹介していただくことに なっておりますので、 今後の 2 日間研修の徳島開催も視野に、ご参加いただきますようお 願い申し上げます。 対象 緩和ケア研修会の修了者、県内緩和ケアケアチームの関係者、地域の医療介護の専門職など 日時 平成30年1月14日(日曜日) 13時から16時(12時30分~受付) 会場 徳島県JA会館 2階大会議室 (徳島市北佐古1番町5番12号) 1 特別講演 13時~16時 講師 めぐみ在宅クリニック院長、日本エンドオブライフケア(ELC)協会理事 小澤竹俊 先生 演題 1 在宅緩和ケアでの東北大震災時の経験 2 仮題 「死に逝く人に寄り添えるケアとは」 講演とロールプレイ
LINEで送る

第2回がん患者フォーラム「これ効きますか? 抗がん剤・サプリ・○ ○療法  ~がん情報の見極め方と向き合い方~ 」


1月13日土曜日 がん患者さん、そのご家族にとって様々な情報にどう対応するべきか、 がんの代替補完療法のガイドライン作成に関わった大野 智 先生を招いての2回めの講演会です。 昨年5月にご講演いただき好評でしたので、再度お招きしております。 不確実性と向き合う、不確実性に堪えることが避けられない状況で 末期ガンが治ったとか、がんが小さくなるとかの甘言広告で 高額な悪質?な自由診療や健康食品に大金をつぎ込む患者さんが 相変らず沢山います。 最善を望みつつ、最悪に備える  意思決定支援の能力は、すべての医療職に必要とされています。 前回の大野先生のご講演やその後の参加者との質疑は、 企画した私どもにも大変有益でした。 是非、各施設の職員や接しておられる患者さん・ご家族に この講演会の情報が届くようにご助力ください。
LINEで送る

平成29年度 徳島糖尿病克服ネットワークシンポジウム


徳島糖尿病克服ネットワークでは、地域医療や多職種連携におけるICT活用について、先進的な事例を広く共有し、知見を深めることを目的としてシンポジウムを毎年開催しています。 今年度は、旧来の病病・病診連携に限らず、救急医療から在宅・介護まで幅広く医療連携ネットワークを活用している岡山県と岩手県から講師をお招きしています。 医療連携ネットワーク(Electronic Health Record:EHR)は徳島県でも「阿波あいネット」で県全域カバーに向け事業が進められており、これからネットワークを使いこなすことが重要になります。先進事例について、ご講演いただきますので奮ってご参加下さい。
LINEで送る

地域支え合いフォーラム(徳島市 2018.1.20)


徳島市では,地域包括ケアシステムの深化・推進のため,別紙のようなフォーラムを開催します. お問い合わせ先:徳島市地域包括支援センター 0120-24-6423
LINEで送る
さらに見る
本学会にご賛同頂きました団体会員の皆様

本学会にご賛同頂きました賛助会員の皆様