研修
 のリスト

VR認知症体験会のお知らせ(2018.3.18)


当会では,認知症を疑似体験して頂くために,VR=バーチャルリアリティを用いた研修会を実施することになりました. 残念ながら定員枠があるため,今回は,学会理事の方々が午前,県内の地域包括支援センターの職員の方々が午後ということで,平成30年3月18日(日)に徳島大学病院5F大会議室ホワイトで行います. 今後もこのうよな企画要望がございましたら,学会事務局までお申し出ください.それと,トップページには第2回徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会予告を掲載しておりますので,日程などをご確認ください.本年も特別講演他,教育講演2本,シンポジウム1本,ランチョンセミナー2本,ポスター発表・企業展示を予定しておりますので是非ご参加ください. 学会幹事 白山靖彦.
LINEで送る

認知症サポーター養成講座&模擬演習


那賀町平谷小学校にて認知症サポーター養成講座及び認知症見守りネットワーク模擬演習を行います。 行方不明捜索時に「そういえばあんな所を一人で歩いていておかしいと思った・・」などの目撃情報があります。 もし、その時に一声かけることができれば、未然に防ぐことができるかもしれません。 そのためには日ごろから顔の見える関係づくり、認知症を気にせずに関われる環境づくりが重要だと思います。 那賀町の超高齢が進む小さな小学校で認知症について考える機会になればと思います。 どなたでも参加できます。
LINEで送る

地域包括ケア・スキルアップ研修STEP2


今年度は、効果的な地域ケア会議を行うためのノウハウを身につけるために3回に渡っての研修を計画しております。 今回2回目の習得目標は「効果的な個別地域ケア会議開き方のスキルを身につける」です。 1つの個別課題が、人をつなぎ地域をつくります。地域ケア会議で重要なのは、個別課題の解決を重ねることだと思います。多くの地域課題の集約も資源開発も、そこからはじまります。 今回は、先進的な取り組みを行っている朝来市の個別地域ケア会議を具体的な事例と演習を交えて、どの地域でも実践できるイメージづくりができるように考えております。 写真は本年9月末に行われた朝来市ケアマネジメント支援システム意見交換会に参加後に登頂した竹田城跡からの雲海です。
LINEで送る

地域包括ケア・スキルアップ研修 STEP1


徳島県社会福祉士会 地域ケア推進委員会では、地域包括支援センターの専門職等を対象に、地域ケア・スキルアップ研修Step1を開催しました。 効果的な地域ケア会議を行うスキルを獲得することを目標に、Step1では「これからの自己決定支援『自分らしく』を支えるために」と題して、徳島県社会福祉士会の北條誠一氏にご講演いただきました。 単に情報を収集し分析するだけではなく、得ている情報の背景にあるものを考えたり、シートに頼るのではなく、しっかりと専門性を発揮することなどを学びました。 この研修は3回続きで計画されており、Step2では、効果的な地域ケア個別会議の開催方法について、Step3では、個別会議から、その事例の本質を理解し、地域課題を行政等に説明できるスキル習得を目指します。
LINEで送る

専門職に対する認知症講演会


 徳島市医師会では、徳島市在宅医療・介護連携推進事業の一環として、専門職に対する認知症講演会を開催いたします。  この認知症講演会は、昨年度の多職種連携会議において、「認知症患者を地域で支える上での課題とその解決策」を多職種の皆様でご協議いただいた結果、「専門職、地域住民ともに認知症に関する知識と理解が不足している」との課題が挙がり、その解決策として「(①関わる専門職に対して②地域住民に対して)認知症に関する理解を深める」が導き出されたため、まずは、専門職の皆様に認知症に関する知識と理解を深めていただくことを目的に開催することと致しました。  今回は、徳島県認知症疾患医療センター長の大森隆史先生と、健祥会グループ経営戦略推進部長の柴山義明先生にご講演いただきます。  徳島市内で従事する専門職の皆様、この機会に是非ご参加ください。
LINEで送る

第4回訪問看護普及フォーラムのお知らせ


みだしフォーラムのご案内をさせて頂きます.ふるってご参加ください. 問い合わせ先 公益社団法人徳島県看護協会 徳島県訪問看護支援センター お問合せ先 TEL 088-631-5544 FAX 088-632-1084 Mail: houmonkangosientokushima@gmail.com
LINEで送る

高次脳機能障害、言語聴覚士、地域包括ケアシステム


愛知ですが、今は、あらゆる障がい、職種が地域包括ケアシステムに収斂されていきますね。
LINEで送る

はじめての学会発表 How to(1) 開催されました~


2017年5月27(日)徳島大学歯学部にて,上記講習会が開催されました.総勢30名の参加があり,土曜日の午後でありながら多くの勉強好きの方に集まって頂きました,(#^.^#).今日の様子とお二人の講師の資料を添付しておりますので,ご参照ください.講師は,徳島大学大学院 吉岡昌美先生「ポスターの発表」,那賀町地域包括ケア支援センター「はじめての学会」でした. 楽しいお話の中,みなさん学会発表をちょっとしてみようかな,と思われたのかと.では,8/27日の学術集会でお会いしましょう.
LINEで送る

ソーシャルワーク実践学習会【徳島県社会福祉士会相談活動委員会】


平成29年度ソーシャルワーク実践学習会の年間スケジュールが決まりました。 県内の各分野で活躍するソーシャルワーカーの実践事例を学ぶことで、個々のスキルを高められるような勉強会を開催できたらと考えております。 皆さま多数の参加をお待ちしております。 相談活動委員会
LINEで送る

ケアマネジャー支援 第2回とくしまスクール


テーマ「ケアマネジャーが身につけておくべき医療知識とその活用~身近な精神疾患~」 講師:八多病院院長 杉本 順子 先生 日時:5月20日(土)14:00~18:00 場所:徳島県民活動プラザ(徳島市沖洲マリンターミナル) 参加費:1,000円 申込締切:5月12日(定員30名) 問い合わせ:NPO法人ゆいまーる位頭まで
LINEで送る

三好市医師会学術講演会のお知らせ(2本)


三好市学術集会のお知らせを2本立て続けにお知らせ致します.地域包括ケアシステムの進展のため,今後とも連携をさせて頂きます,(#^.^#).
LINEで送る

「はじめての学会発表Howto(1)」研修会のお知らせ


この度,本学会では地域包括ケアシステムの深化・進展のための人材を養成するため,みだしの研修会を実施することになりました.チャレンジは,チャレンジしてみてこそ楽しさが分かります.学会を通じて,様々な課題や成功事例を共有し,多職種の方々と交流を図りましょう. 日時 2017年5月27日(土)13:30-15:00 場所 徳島大学蔵本キャンパス歯学部棟5F共通講義室 参加費 無料(学会会員または会員予定者) お申込みはEmailのみでお願いしています.info@toccs.jp *各団体・法人様につきましては,5名までとさせて頂きます.ふるってご参加ください.
LINEで送る

ケアマネジャー支援 第1回とくしまスクール


介護保険制度が2025年に向かって大きく変わろうとして います。都道府県から市町村に、そして地域へ委ねられる方向へと変革の風が吹いてきています。 ケアマネジャーも2000年当初とは比べ物にならないくらい変容し、今後は、地域包括ケアシステムや医療介護の連携の中核的立場 としてケアマネジャーは大きく期待されています。 そのため、ケアマネジャーは、 ケアマネジメント力だけでなく医療知識も含め総合力を高めていく必要があります。 そこで、少人数による月1回の学びの場として『 とくしまスクール』を企画いたしました。 第1回は、鳴門病院のMSW(認定社会福祉士)郡 章人先生をお迎えして、プレゼン力を高める研修会を開催いたします。 地域ケア会議や担当者会議でのプレゼンはもとより、重要事項説明書やケアプランの提示でもプレゼン力によって理解度 が高まります。 皆様のご参加お待ちしております。 テーマ「ケアマネが活用できるプレゼンテーション」 講師:郡 章人 先生 日時:4月8日(土)17:30~20:00 場所:徳島県民活動プラザ(徳島市沖洲マリンターミナル) 資料代:500円 申込締切:3月31日(定員30名) 問い合わせ:NPO法人ゆいまーる位頭まで 追申:プレゼンテーション研究をされている大島武先生(大島渚監督の息子)から郡さんが直接学んできた内容です! 現時点で定員募集残り10名切りました。投稿遅くなり申し訳ございません。
LINEで送る

2017徳島県医療ソーシャルワーカー新人研修について


2017年度徳島県フレッシュ医療ソーシャルワーカー研修についてお知らせします。 原則、1~3年目の現任MSWが参加資格となりますが、中堅、ベテランMSWの参加も歓迎しています。 また、MSWへの転職を考えている方、卒業したらMSWとして働きたい、興味があるという学生の参加については お問い合わせください。
LINEで送る

那賀町認知症見守りネットワーク模擬訓練


演習から訓練へ 1人の100歩より100人の1歩を目指して
LINEで送る

地域福祉講演会(北島町)のお知らせ


以下のとおり,お知らせいたします. 日 時:平成29年3月24日(金)      (受付)午後1時~      (講演)午後1時30分~3時15分 場 所:北島町図書館・創世ホール 3階 多目的ホール 講 師:菱沼 幹男 氏 (日本社会事業大学 社会福祉学部福祉計画学科 准教授) 参加費:無料(申し込み不要) 主 催:北島町 お問い合わせ先:北島町地域包括支援センター (TEL 088-698-8951)
LINEで送る

徳島県地域包括ケアシステム講演会のお知らせ


地域包括ケアシステム関連の研修会のお知らせです. 日 時:2017年 4月 8日(土) 19:00~20:30 会 場:徳島県医師会館 4階 ホール (裏面に地図あり) 徳島市幸町3丁目61番地 TEL 088-622-0264(代) 定 員:185名 ※先着順、申込期限:4月1日(土) 参加費: 無料 ※軽食がでるそうです.
LINEで送る

南部圏域在宅医療・介護コーディネート事業研修会及び担当者会のご報告


3月10日に南部圏域在宅医療・介護コーディネート事業研修会及び担当者会が南部総合県民局の主催で開催されまた。参加者は南部圏域の医療機関のSWや看護師、地域のケアマネジャーや地域包括支援センターのスタッフ等と約70名お集まり頂きました。前半は、私(徳島県鳴門病院のMSW郡)より、「在宅医療介護連携の体制づくりとその評価」と題し、<退院支援>、<連携>、<チームアプローチ>という3つキーワードを切り口に退院支援概論、連携を用いた退院支援を評価した診療報酬の解説、徳島県鳴門病院での取り組み事例、連携やチームアプローチに求められるコンピテンシー等を約1時間で講義をさせて頂きました。その後、地元の病院、ケアマネジャーのそれぞれから取り組みや事例報告、グループワークを用いた意見交換会を行いました。グループワークでは「より一層、地域医療介護の連携を深めるために」というテーマのもと病院側もケアマネ側も活発な意見交換ができ、素晴らしい会だったと思います。地域包括ケアシステムを推進する上で、在宅医療や在宅介護の充実はとても大事です。しかし、そこに結びつける病院からの退院支援がちゃんと機能しなければ患者さんの利益には結びつきません。連携やチームアプローチを用いた退院支援は、「支援の展開の土台となる仕組みや体制づくり」が重要です。そして、仕組みや体制づくりは病院だけで創るのではなく、病院と地域のコミュニケーションのなかで創造しプログラム化していくことが大事だなと改めて再確認できました。
LINEで送る

介護予防推進リーダー養成研修会のお知らせ


包括ケアシステム推進のためのリーダーを養成する研修会のご案内です。どんどんリーダーを育てましょう、^_^ 日時 3月20日10-15時 場所 アスティ徳島 主催 徳島県理学療法士会
LINEで送る

連携医療うずの会 第30回定期学習会「地域包括ケアシステムをみんなのものに」の案内


平成20年に発足した、地域のヒューマンネットワーク構築を目的とした集まりです。 徳島県地域包括ケアシステム学会の理事の方をはじめ、これまでには全国的に有名な医師の方々も参加されています。 今回のテーマは「地域包括ケアシステムをみんなのものに」(添付資料1)と題し、できることを探りたいと思います。 もしかすると、うずの劇団ストーリーに新たな台本が創られるかもしれませんね。 本会は、地域完結型医療及び患者様の全人的医療を実現すると共に、 地域において安心できる療養生活を確保するため、 医療・保健・介護・福祉分野の垣根を超えた関係を築くことを目的としています。 そのために、会員同士の相互理解と連携を深め、定期学習会、地域啓発活動としては「うずの劇団:認知症劇、脳卒中劇、男女共同参画劇etc」 うずのように地域を巻き込みながら、運営及び会員の質向上を日々行っています。 直近のうずの劇は、三好市民講座(添付画像2) 参加職種は、医師、保健師、看護師(病院・訪問)、ソーシャルワーカー、ケアマネ、療法士、事務職、住職、など経歴も職種も多様です。 県内には、職種別の団体や、機関同士の交流はありますが、様々な職種が役割を担っている連携担当者の組織は、知名度はまだありませんが、注目はされているところです。 学習会後には、「巣立ち~な」という懇親会を設け、「顔の見える関係」から「腹のみえる関係」へと繋げています。 「巣立ち~な」のみ参加される方もおいでます。 申し込み:徳島連携医療うずの会 事務局 E-mail    uzunokai@gmail.com
LINEで送る
さらに見る
本学会にご賛同頂きました団体会員の皆様

本学会にご賛同頂きました賛助会員の皆様