ToCCSからのメールが届かない方へ


24/05/22

徳島県地域包括ケアシステム学会

ソーシャルワーカーデイ2024 inとくしま


ソーシャルワーカーデイ2024 inとくしま ■テーマ SWdayの趣旨:【ソーシャルワーカーの普及啓発】 『三団体で考える災害支援~考えようアクションプラン~』 ■対象 現役SW、学生、(一般) ■開催日7月6日㈯ 14:00~16:30  ■目標参加人数 50名 ■スケジュール 7月6日(土) 14:00~16:30  13:30~ 開場 14:00~14:10 開会あいさつ(津川) 14:10~14:40 基調報告 徳島県 保健福祉部 保健福祉政策課 総務・援護担当 主任 福井 優弥様 タイトル『徳島県におけるDWATの取り組み』 14:40~15:10 3団体より活動報告(10分ずつ) 社会福祉士会:湯浅 雅志(那賀町地域包括支援センター) 精神保健福祉士協会:山住 瑛美子(三好病院)  徳島県医療ソーシャルワーカー協会:芝 浩伸(阿南医療センター) 15:10~15:20 休憩 15:20~16:10 グループワーク 基調報告、活動報告をもとに、南海トラフ地震後、ソーシャルワーカーとしてのアクションプランを討議。 16:10~16:20 グループ発表 16:20~16:25 総括(徳島県:福井様) 16:25~16:30 閉会のあいさつ(黒下) 18:30~ 懇親会開催予定(秋田町近辺) ■会場 総合福祉センター 401会議室 申込みにて支払い済み。駐車場(半面)も使用確認済。 ■参加費用 無料 ■申込方法 Googleフォーム QRコードを読み取り申込。 https://forms.gle/MgAVw9masJg4XJi47 〆切:6月23日(日) ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 徳島県医療ソーシャルワーカー協会  〒779-0193 徳島県板野郡板野町大寺字大向北1-1 国立病院機構 とくしま医療センター東病院 地域医療連携室内 TEL088-672-6306 FAX088-672-4266 事務局 大森 和幸 e-mail:515-msw-kyokai@mail.hosp.go.jp kazu-omori@ksf.biglobe.ne.jp(個人・資料添付用) ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

24/05/20

徳島県地域包括ケアシステム学会

第1回ソーシャルワーク実践学習会について


日頃より大変お世話になっております。 標記学習会を別添のとおり開催いたします。 社会福祉士として日々の実践や様々な出来事などで感じたことを、 皆さんと一緒に話考えていき たいと思います。 少しでも皆様の実践に向けて視野が広がりや、緩やかな人脈づくりなど の機会になればと思いまので、お気軽にご参加ください。 よろしくお願いします。 なお、事前申込不要です ※当日チラシのZOOM ID等から直接ご参加ください。 2024年度 第1回 ソーシャルワーク実践学習会 開催日時 2024年6月14日(金) 19:30~21:00 開催方法 オンライン開催【ZOOM】 話題提供:『能登半島地震の被災地支援を振り返って』 話題提供者:一般社団法人さいわい理事 湯浅 雅志氏

24/04/20

徳島県地域包括ケアシステム学会

とくしま知的・発達障害理解啓発キャラバン隊『とくしま藍隊』発足


令和6年5月19日(日)13時から藍住町総合文化ホールにて、山形県より花笠ほーぷ隊さんをお招きし、知的・発達障がい疑似体験を実施後、徳島県初!知的・発達障害理解啓発キャラバン隊『とくしま藍隊』を発足します。令和6年4月からの民間事業者による障害のある人への合理的配慮の提供義務化に伴い、障害や合理的配慮に関する研修が必要となります。その際は『とくしま藍隊』の派遣をご検討ください。

24/04/20

徳島県地域包括ケアシステム学会

知的・発達障がい疑似体験/ワークショップ(再掲載)


令和3年、障害者差別解消法が改正され、令和6年4月より、民間事業者による障害のある人への合理的配慮の提供が義務化されました。 本特別研修会は、合理的配慮の提供側である事業者の方、行政機関・学校・一般市民の方々にご参加いただき、共に生きる優しい社会を目指す為のものです。多くの方々のご参加をお待ちしております。 ・日時 :令和6年5月19日(日)13時~15時 ・場所 :藍住町総合文化ホール ・参加費:無料 ・申込先:kamiita-iku@yahoo.ne.jp ※準備都合により、事前申込をお願いします。

24/03/28

徳島県地域包括ケアシステム学会

車いすダンス研究会のボランティア募集


車いすダンス研究会ではボランティアを募集しています。身近に、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、是非お声がけいただけたらと思います。

24/03/19

徳島県地域包括ケアシステム学会

第25回福祉実践セミナー


福祉実践セミナーを開催いたします。 今回のテーマはリーガルソーシャルワークです。 リーガルソーシャルワークは、罪を犯した障がい者、高齢者の弁護や更生活動をする今後益々の活 躍が期待される分野の一つです。 今回は、神奈川県社会福祉士会・司法福祉ネットワーク委員会 委員長 牧野 賢一 氏をお招きして、 実際に支援をした事例を通して、リーガルソーシャルワークの活動について、基本からお話をいた だきます。リーガルソーシャルワークについて初めての方でも分かりやすい内容となっておりますので 皆様、是非ご参加ください。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ・日時 3月31日(日)13:30~15:00(13:00から受付) ・場所 県立総合福祉センター401会議室 ・講演 「刑事司法ソーシャルワークの実践」      ~犯罪に行き着いた障がい者、            高齢者の更生を社会で支えていくために~      講師:神奈川県社会福祉士会・司法福祉ネットワーク委員会                       委員長 牧野賢一 氏  ・参加対象 社会福祉士(会員以外も参加可)       社会福祉に関心がある方 ・その他 参加費無料 ・申込み 下記の申込みURLから、またはQRコードを読み取っていただきお申し込みください。      (3月25日(月)締め切り)      https://forms.gle/WGGh5w6z8hpfN5F59

24/02/13

徳島県地域包括ケアシステム学会

知的・発達障がい疑似体験(ワークショップ)


手をつなぐ育成会は、家族に知的・発達障がいのある方がいる当事者団体であると同時に障がいの有無に関わらず安心して暮らせる『地域共生社会』を目指して活動しています。子どもからお年寄りまで『つながる』が合い言葉! 障がいがある方の「〇〇だからこんなことをする」がわかるようになります。でもこれは障害者に限ったことではなく、赤ちゃんや認知症の高齢者まで、すべての人に共通すること。障がいを知ることは、みんなに優しい町づくりになります。 徳島県初!知的・発達障害理解啓発キャラバン隊発足メンバー募集中/年齢・職種不問

24/01/19

徳島県地域包括ケアシステム学会

市民講座(2024.2.10)


皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。 まずもって、2024年元旦に発災した能登半島地震に際し、お悔やみとお見舞いを申し上げます。徳島県からもDMATをはじめ、様々な支援チームが現地に入っています。同じ国民として、できることを精一杯させて頂きたいと勝手ながら思っています。 さて、毎年2月に実施しています当学会主催の市民講座をご案内をさせて頂きます。大きなテーマで申し上げますと、「在宅医療・介護連携の推進」となりますが、行政から、医療現場から、介護現場の立場から、それぞれ県内でご活躍されている講師のお話を伺うことに致しました。詳細は、チラシをご覧ください。 日時:令和6年2月10日(土)13時10分~ 場所:ホテルグランヴィリオ 参加費無料  参加定員120名 なお、県・市町村行政の担当者の方で、介護保険法地域支援事業の「在宅医療・介護連携推進事業」研修として、当該地域の地域包括支援センター、居宅介護支援事業所の専門職の方々が参加された場合、受講証明を後日発行致しますので、申込時にご連絡ください。

24/01/11

徳島県地域包括ケアシステム学会

第7回県南部地域ケアマネ連絡会研修会


海部郡内及び那賀郡内の介護支援専門員等を対象とした研修会を開催いたします。 今回は、家族背景を踏まえた本人理解や家族の関係性についてのアセスメントや介入の視点について学びを深め、今後の支援に活かしていければと考えます。

23/12/19

徳島県地域包括ケアシステム学会

第6回 県南部地域ケアマネ連絡会事例検討会


期待できる事例検討の効果 ・利用者・家族の解決すべき課題を具体的に明らかにする。担当の介護支援専門員としては、気づかなかった利用者・家族の課題を多角的に理解でき、参加者からは具体的なコメントを期待することができる。 ・介護支援専門員がどのように対応したのか、対応の基本的視点、支援過程、支援結果、改善点を分析し、介護支援専門員の支援について見直すことができ、専門的能力・技術を高め、課題解決能力を習得し、事例提供者・参加者のスキルアップを目指すことができる。 ・参加者同士のピアスーパービジョンが期待できる。 ・ケマネジメントの個別課題から理論へと、ケアマネジメント共通の原理や原則を導き出すスタートラインに位置付けることができる。

23/11/20

徳島県地域包括ケアシステム学会

第5回県南部地域ケアマネ連絡会事例検討会


海部郡及び那賀郡以外の介護支援専門員等も参加可能です。 期待できる事例検討の効果 ・利用者・家族の解決すべき課題を具体的に明らかにする。担当の介護支援専門員としては、気づかなかった利用者・家族の課題を多角的に理解でき、参加者からは具体的なコメントを期待することができる。 ・介護支援専門員がどのように対応したのか、対応の基本的視点、支援過程、支援結果、改善点を分析し、介護支援専門員の支援について見直すことができ、専門的能力・技術を高め、課題解決能力を習得し、事例提供者・参加者のスキルアップを目指すことができる。 ・参加者同士のピアスーパービジョンが期待できる。 ・ケマネジメントの個別課題から理論へと、ケアマネジメント共通の原理や原則を導き出すスタートラインに位置付けることができる。

23/11/16

徳島県地域包括ケアシステム学会

第4回ソーシャルワーク実践学習会


社会福祉士として日々の実践や様々な出来事などで感じたことを、 皆さんと一緒に話考えていき たいと思います。 少しでも皆様の実践に向けて視野が広がりや、緩やかな人脈づくりなど の機会になればと思いまので、お気軽にご参加ください。 社会福祉士でなくても興味関心ある方はどなたでも参加できます。 よろしくお願いします。

23/10/27

徳島県地域包括ケアシステム学会

北島町認知症総合支援事業講演会(2023.11.11)


タイトルの通り、下記日時場所にて実施致します。 当学会理事長の永廣信治先生が登壇されます! 日時 令和5年11月11日(土)午後1時30分~3時30分 場所 北島町鯛浜字中須4番地2 株式会社よんやく 建屋内会議室 問合せ先 北島町地域包括支援センター TEL 698-8951 FAX 697-0517

23/10/17

徳島県地域包括ケアシステム学会

障がい者アート支援のためのワークショップのご案内


「マスキングテープで表現してみよう」共催:徳島大学人と地域共創センター 日時 2023年11月5日(日)13時30分~15時30分 講師 田中 佳 (徳島大学准教授・Tokudai Hospital Art Labo主宰) 会場 ふらっとKOKUFU(徳島市国府町中369-1) 088-678-2939 協力 徳島大学ホスピタルアートクラブ 定員 25名 申込方法 メール(t-geibun@kouryu-plaza.jp)または、ファクシミリ(088-631-1300)にて申込書を添付 申込締切 各講座実施日の1週間前まで。ただし、定員に達した時点で受付を終了する場合があります。 http://kouryu-plaza.jp/gb-center/ 皆様、ふるってご参加下さい。

23/10/17

徳島県地域包括ケアシステム学会

心身医学会の地方会の開催(2023.10.29)


10月29日日曜日に開催される心身医学会の地方会のご案内をさせていただきます。 お昼の時間帯だけでも参加可能です。 日時:10月29日日曜日10時~17時 会場:ザ・グランドパレス徳島 9:20 受付開始 (会費:医師5,000円、医師以外2,000円) 10:00 一般演題口演 15題 12:00 ランチョンセミナー(永廣信治)「人生100年を楽しく生き抜く心技体」      教育講演(田中 佳)「心身医学とマスキングテープアート」 13:30 特別講演 14:00 大会長講演     教育講演(沼田周助先生)     教育講演(太田美里先生) 16:00 シンポジウム「徳島の医療・文化・芸術の発展」

23/09/15

徳島県地域包括ケアシステム学会

第3回 県南部地域ケアマネ連絡会 事例検討&情報交換会


海部郡内及び那賀郡内の介護支援専門員等を対象とした研修会を開催いたします。 (※それ以外の地域の介護支援専門員も参加可能です) 今回は事例検討の時間を縮小しその後に、ケアマネジャー同士のつながりを深め、業務で 感じる悩みや疑問、その時々の旬の話題について、情報交換や意見交換を行い業務に役立て たいと思います。

23/09/13

徳島県地域包括ケアシステム学会

第30回徳島NST研究会のご案内


10月14日(土)に第30回徳島NST研究会が現地およびZOOMにてハイブリッドで開催されます。 今回から参加費が無料となっております。栄養領域に興味のある方はぜひご参加ください。

23/08/28

徳島県地域包括ケアシステム学会

終わりました!


第6回徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会を無事に終えることができました。 これも皆様のおかげと心より御礼申し上げます。次回の学術集会はありませんが、本学会は2025年度まで、継続運営して参ります。本サイトでの情報提供などを発信して行きますので、よろしくお願い致します。 なお、9月中旬より、本学術集会のオンデマンド配信を行う予定ですので、しばらくお待ちください。 *会場参加者は、93名でした。

23/08/26

徳島県地域包括ケアシステム学会

第6回学術集会は実施します!


第6回学術集会は実施します。 日時 令和5年8月27日(日)午前8時より受付 場所 徳島大学蔵本キャンパス大塚講堂

23/08/15

徳島県地域包括ケアシステム学会

第2回徳島県南部ケアマネ連絡会事例検討会


期待できる事例検討の効果 ・利用者・家族の解決すべき課題を具体的に明らかにする。担当の介護支援専門員としては、気づかなかった利用者・家族の課題を多角的に理解でき、参加者からは具体的なコメントを期待することができる。 ・介護支援専門員がどのように対応したのか、対応の基本的視点、支援過程、支援結果、改善点を分析し、介護支援専門員の支援について見直すことができ、専門的能力・技術を高め、課題解決能力を習得し、事例提供者・参加者のスキルアップを目指すことができる。 ・参加者同士のピアスーパービジョンが期待できる。 ・ケマネジメントの個別課題から理論へと、ケアマネジメント共通の原理や原則を導き出すスタートラインに位置付けることができる。
さらに見る
本学会にご賛同頂きました団体会員の皆様

本学会にご賛同頂きました賛助会員の皆様