ToCCSからのメールが届かない方へ


18/09/19

徳島県地域包括ケアシステム学会

東みよし町で包括ケア


本日、東みよし町社協にて保健医療福祉行政職の方々を対象に、地域包括ケアシステムの研修会を行いました。これは、徳島県のサポートを受け、東みよし町社協が主催したもので、30名以上の参加がありました。 地域で模索し、なし得ようとする想いは、どこも同じだな、と。 お話の内容は 1.地域で生きるを、支えるということ 2.地域包括ケアシステムとは 3.ハーバード大学の研究成果紹介 4.生活支援体制整備事業について 5.我々が目指すもの でした。 来年3月には、大きな市民フォーラムを開催するとか。是非、町民の方々を巻き込んだ大きな動きになってほしいと願っています。
LINEで送る

18/09/19

徳島県地域包括ケアシステム学会

地域の中で支えあう町づくりを目指して


大介護時代を迎え、誰もが親の介護や配偶者の介護から無縁ではいられません。「家族のことは家族で解決しなければ」という価値観から、介護者は孤独になってしまいます。周囲はどんな支援ができるのでしょうか?介護問題を通して地域づくりを考えます。
LINEで送る

18/09/17

徳島県地域包括ケアシステム学会

在宅医療・介護市民公開講座【阿南市】


終末期の援助者育成に力を注がれている小澤先生が来県されます。 対人援助の仕事をされている方はぜひ一度お聴きになられることをお勧めします。 小澤竹俊先生プロフィール 1963年東京生まれ。 世の中で一番、苦しんでいる人のために働きたい と願い、医師を志し、1987年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。 1991年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。 救命救急センター、農村医療に従事した後、94年より横浜甦生病院 内科・ホスピス勤務、1996年にはホスピス病棟長となる。 2006年めぐみ在宅クリニックを開院、院長として現在に至る。 「自分がホスピスで学んだことを伝えたい」との思いから、2000年より学校を中心に「いのちの授業」を展開。 一般向けの講演も数多く行い、「ホスピスマインドの伝道師」として精力的な活動を続けてきた。 2013年より、人生の最終段階に対応できる人材育成プロジェクトを開始し、多死時代にむけた人材育成に取り組み、2015年、有志とともに一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会を設立し、理事に就任。現在に至る。
LINEで送る

18/09/10

徳島県地域包括ケアシステム学会

第58回全国国保地域医療学会


2018年10月5日(金曜)、6日(土曜)、アスティとくしまで、第58回全国国保地域医療学会を開催します。 テーマは、「地域包括ケアで日本の未来を切りひらこう~海・山・川の恵みの阿波の国での実践~」です。 2日目:6日(土曜)午前9時からは、シンポジウム「地域包括ケアシステムの新しい展開~徳島での議論を全国へ~」が開催され、白山靖彦教授が、「徳島県における地域包括ケアシステムの進化・推進」と題して発言されます。 他にも、特別講演、国保直診サミット、研究発表、パネルディスカッション、8題の教育講演があり、地域医療に携わる医師やメディカルスタッフに有益な情報が得られます。 席に余裕があり、当日参加も歓迎します。是非、ご出席を(副学会長 本田 壮一)。
LINEで送る

18/09/10

徳島県地域包括ケアシステム学会

市民公開講座


10月に、「第58回全国国保地域医療学会」を徳島市で開催します。 その2日目(10月6日、土曜)、午後3時より、市民公開講座を行います。 講師は、ジャズシンガーの綾戸智恵(あやど・ちえ)さんで、「介護する方へのメッセー ジ~私と家族が健康であり続けるために~」の題目でお話いただきます。 会場は、アスティとくしま(徳島市山城)。 入場は無料で、申し込みは必要ありません。 一般の住民だけでなく、医療・介護に携わる専門職の方の参加も歓迎します。 なお、徳島駅からのシャトルバスを用意する予定です。是非、ご来場を (副学会長 本田 壮一)。
LINEで送る

18/09/08

『第3回 四国とくしまドローイングメモリアルフェスティバル2018 in 那賀』


なかなかいいいなかで3周年! 『第3回 四国とくしまドローイングメモリアルフェスティバル2018 in 那賀』 平成30年10月7日(日) 9:00~16:00 那賀町日野谷体育館、グラウンド (徳島県那賀郡那賀町大久保字中西28番地) 15:15~日本一豪華景品、ドローンが当たるお楽しみ大抽選会開催!イベント受付で抽選券を貰おう!(先着300名様)※抽選券は無くなり次第、配布終了します。 グラウンドイベント無料 体育館内ドローンイベント入場料200円 午後入賞賞品ありのドローン競技参加300円 専用駐車場有(会場約200m) ※日野谷診療所など周辺各所に駐車場完備。 駐車場~イベント会場間、定期運行シャトルバスあり。 ドローン特区に指定されている四国の右下、那賀町。 清流と森林面積95%の緑豊かな大自然の中で ドローンと林業体感できる地域住民主催イベント! 那賀町でドキドキワクワクの思い出をつくろう! ドローン体験以外にも各種飲食販売や那賀町物産品、展示ブースの出展あり。お楽しみ抽選会もあるので親子で出かけてみよう。 ◆ナカの若人主催!オール手作り地域活性イベント◆ ドローイングメモリアルフェスティバル実行委員会 徳島県版ドローン特区を民間から盛り上げ、ドローンや林業の普及、地域活性化につなげたい! マチの未来を担う子ども達がイベントを通じてドローンや林業の可能性に触れ、これからの人生を彩る良き思い出づくりの機会となってほしい。 そんな想いでドローイングメモリアルフェスティバルイベントを毎年企画運営しています。(広報担当:亀井)
LINEで送る

18/09/06

徳島県地域包括ケアシステム学会

HAL体験研修会 予告


本学会では,専門職の方々への研修活動を行っています.昨年はVR認知症を体験して頂きました.今年度はロボットスーツで有名なHALです.今回の体験会では患者さん自身が装着するもので,医療用自立支援型というものを体験して頂く企画としました.詳しい募集要項ができ次第,お知らせ致します.なお,参加費は無料ですが,開催資金に目的がありますので,一般には公募致しませんことをご了承ください.
LINEで送る

18/09/05

徳島県地域包括ケアシステム学会

第8回キーパーソン3-医師・訪問看護師・ケアマネジャーの事例検討会-


 台風20号により開催を延期しておりました、第8回キーパーソン3-医師・訪問看護師・ケアマネジャーの事例検討会-を開催いたします。  このキーパーソン3は、徳島市在宅医療・介護連携推進事業の一環として、医師・訪問看護師・ケアマネジャーを在宅医療におけるキーパーソンと位置づけ、それぞれの役割や互いの距離感を掴み、三職種の連携が図られることが、患者とその家族を中心とした質の高い在宅医療の実現につながるものと考えています。  三職種が一堂に会し、具体的個別事例を様々な角度から検討する事例検討会となっておりますので、徳島市内で従事する医師・訪問看護師・ケアマネジャーの皆様、是非ご参加ください。
LINEで送る

18/09/04

徳島県地域包括ケアシステム学会

ソーシャルワークフォーラムとくしま2018


 「徳島県社会福祉士会に関する意識調査」によれば入会目的の約6割(57.5%)が「スキルアップ・自己研鑽」であること、会員の約9割(85.8%)が会に対して「社会福祉士としての専門性の維持・向上するための活動」に期待しているとの結果が出ました。  しかしその一方で、県士会活動に対して、約4割(40.7%)が不満を持っていること、約5割(51.3%)が県士会活動へ参加していない問題点も浮き彫りになりました。  以上理由から県士会が抱える課題解決策として、ソーシャルワークフォーラムとくしま2018を企画いたしました。  社会福祉士のみならず様々な職種の方々と学び合える機会になれればと思います。  どなたでも参加できますので、ワークショップによっては少数の定員もごさいますのでお早めにお申し込みください。  「集まれ 徳島の力 つながろう その想い」をテーマとして、講義あり、ワークショップあり、実践報告ありの多種多様なプログラムと福祉関係者の交流の場を用意してお待ちしております。 目 的 ①ソーシャルワークの研究と実践、普及と啓発ならびに地域で活動する福祉・保健医療・教育・司法等に関わるソーシャルワーク専門職の教育支援を行う。    ②徳島県内の保健医療や福祉に関わる機関や団体ならびに、他福祉に関わる専門職を加えた多職種多機関と協同して事業を開催し職域を越えた連携や情報交換・情報共有を図る。      ③地域住民を対象に市民公開講座を実施し地域住民との交流、地域連携、社会福祉の普及並びに啓発を行い職能団体としての使命を果たす。 徳島で、岸見一郎氏のお話が聴ける貴重な機会でもあります!!
LINEで送る

18/08/30

徳島県地域包括ケアシステム学会

那賀町ライフ・シフトカレッジが開校しました!


人生100年時代を見据え,徳島県のサポートを受けて,那賀町ではライフ・シフトカレッジが本日開校されました. 18名の受講生さんが,大きな声で返事をし,一生懸命メモを取る姿に感動しました. いくつになっても,「学ぶ」ということは素晴らしいことです.最高齢は94歳の方で,とてもにこやかに「わたし,今とっても幸せなんです」と教えてくれました. 人間は,人は人との関係でしか幸せになれないんだな,とわたし自身実感次第です.多くの事を学び合う有意義な一日となりましたこと,感謝致します。 徳島新聞記事にも掲載されています. https://www.tokushima-hosp.jp/system/data/topics/publicRelations/public_information_15360479619151.pdf 白山 靖彦
LINEで送る

18/08/29

徳島県地域包括ケアシステム学会

第2回学術集会 新聞掲載(2018.8.27)


第2回徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会が徳島新聞に掲載されました.
LINEで送る

18/08/24

徳島県地域包括ケアシステム学会

徳島県高次脳機能障がいリハビリテーション講習会のお知らせ(2018.10.27)


今年も(一社)日本損害保険協会の助成により、下記の日程で高次脳機能障がいリハビリテーション講習会を開催いたします。 ご多用の折とは存じますが、多数ご参加くださいますよう、お願い申し上げます。 徳島高次脳機能障がいリハビリテーション講習会実行委員会
LINEで送る

18/08/23

徳島県地域包括ケアシステム学会

【開催案内】「在宅医療・介護連携推進事業」講演会を開催します!


 徳島県では ≪住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができる≫ 地域包括ケアシステムの深化推進のために必要不可欠である『医療と介護の連携』についての講演会を開催いたします。  在宅医療介護に関わる多くの皆様の御参加をお待ちしております。
LINEで送る

18/08/21

徳島県地域包括ケアシステム学会

第3回県南部地域ケアマネ連絡会事例検討会


海部郡内及び那賀郡内の介護支援専門員等を対象とした事例検討会を開催いたします。 ■本事例検討会の目的 ① 介護支援専門員としての振り返り ② 事例提供者のみならず参加者もスキルアップ ■期待できる事例検討の効果 ・利用者・家族の解決すべき課題を具体的に明らかにする。担当の介護支援専門員としては、気づかなかった利用者・家族の課題を多角的に理解でき、参加者からは具体的なコメントを期待することができる。 ・介護支援専門員がどのように対応したのか、対応の基本的視点、支援過程、支援結果、改善点を分析し、介護支援専門員の支援について見直すことができ、専門的能力・技術を高め、課題解決能力を習得し、事例提供者・参加者のスキルアップを目指すことができる。 ・参加者同士のピアスーパービジョンが期待できる。 ・ケマネジメントの個別課題から理論へと、ケアマネジメント共通の原理や原則を導き出すスタートラインに位置付けることができる。 今後の活動を行う中での有意義な時間となると考えておりますので、ぜひご参加していただけますよう、よろしくお願いいたします。
LINEで送る

18/08/10

徳島県地域包括ケアシステム学会

香川県地域包括ケアシステム研究会の発足準備はじまる!


おとなりの香川県では,香川県と香川県医師会が中心となり,香川県地域包括ケアシステム研究会(仮称)の準備会が開催されました. 各職能団体の会長を含め,多くの方々が集まり,現在のその準備を進めている所です.香川では,綾川町国民健康保険陶病院の院長 大原正樹先生が中心に動かれており,来年1月の発足を目指しているそうです.ToCCSと致しましても全面的に支援し,岡山をはじめ,香川とも「包括ケアシステム」通じた交流が益々図られることを期待したいと思います.
LINEで送る

18/08/07

徳島県地域包括ケアシステム学会

オーラルフレイルはフレイルの入り口


全国国民健康保険診療施設協議会が出版している「地域医療」という冊子6月30日号に,オーラルフレイル(口の不健康)がフレイル(全身の不健康)を招く様子を分かりやすく解説しています.pdfはフリーダウンロードでしたので,当学会でも紹介させていただきました.人って,よく噛んで,よく食べて,よくしゃべる,ことが健康の秘訣なんですね.
LINEで送る

18/08/02

徳島県地域包括ケアシステム学会

那賀町の取組みが新聞に掲載されました 第2弾


当学会執行理事の湯浅氏が新聞に掲載されました.地域包括支援センターの職員として,地域を駆け回る姿に心動かされますね,(#^^#)
LINEで送る

18/08/02

徳島県地域包括ケアシステム学会

那賀町の取組みが新聞で紹介されました.


当学会理事の濵田先生が掲載されております.医療・介護連携のお手本となるような事例です.
LINEで送る

18/07/27

徳島大学病院「TVいきいきらいふ」 第95回地域包括ケアシステム


徳島大学病院「TVいきいきらいふ」 第95回地域包括ケアシステム
LINEで送る

18/07/17

徳島県地域包括ケアシステム学会

人生100年ライフ・シフト大学(LIFU)が開校します!


人生100年時代を迎えるにあたり,徳島大学病院では医療を中心とした地域や社会に貢献できる人材の育成を始めることになりました.名付けてLIFUです.ポスター,募集要項を添付いたしますが,申込先は徳島大学病院となっておりますのでよろしくお願い致します. 受講資格:自らの意思により人生100年を再創造したい,健康長寿社会に貢献したい人(年齢の制限はありません *未成年者は原則不可)) 募集定員:20人程度 受講料:50,000年/年 24回の講義を受けて頂きます.卒時には「徳島大学病院ライフ・シフト認定士」の称号を授与します. 申込期間:平成30年8月1日(水)~8月17日(金) 午後5時必着 申込書:徳島大学病院ホームページからダウンロードできます.https://www.tokushima-hosp.jp/life_shift.html
LINEで送る
さらに見る
本学会にご賛同頂きました団体会員の皆様

本学会にご賛同頂きました賛助会員の皆様