2018年度四国ブロック医療ソーシャルワーク大会 第10回徳島県医療ソーシャルワーク学会の開催案内(参加者募集)

LINEで送る
LINEで送る

四国ブロック医療ソーシャルワーク大会、徳島県医療ソーシャルワーク学会
投稿者:郡 章人
2019年1月26日(土)、1月27日(日)の両日、四国ブロック医療ソーシャルワーク大会及び徳島県医療ソーシャルワーク学会を開催します。
今年は、「10年先のソーシャルワーク実践を見つめる」をテーマに、久留米大学 文学部 社会福祉学科の准教授 片岡 靖子 先生をお招きし、「ソーシャルワーク理論から実践を言語化する意義とは」を企画しております。片岡靖子先生は、(公社)日本医療社会福祉協会、認定社会福祉士機構・認定機構の理事等もされており、またMSWや社会福祉士、ケアマネジャー等の対人援助職の現任者教育の研修講師でもご活躍され、その研修内容は大変わかりやくお話いただけますので、とても人気のある先生です。
講義とグループワークでは、ソーシャルワークにおける実践のひとつひとつの判断や行動の根拠を、理論的な背景をもって言葉で説明できる力を培うことを目的としておりますが、わかりやすく、また楽しく学べる機会になるかと思います。
1月27日(日)は、四国4県のMSWから、学会形式でソーシャルワーク実践報告の機会も用意されております。
是非、徳島県内のMSWの皆様にはご参加いただけたら幸いです。
また、自身のSWの実践を振り返りたい、実践力をつけたいと思っている非会員のSWやCMの方、学生の方もご参加いただけるよう準備しておりますので、ご興味のある方は是非、ご参加いただければと思います。

詳しくは、徳島県医療ソーシャルワーカー協会のホームページをご確認ください。


本学会にご賛同頂きました団体会員の皆様

本学会にご賛同頂きました賛助会員の皆様