那賀町ライフ・シフトカレッジ

LINEで送る
LINEで送る

那賀ライフ・シフトカレッジ
投稿者:湯浅雅志
那賀町は人口約8,500人,高齢化率約50%,75歳以上約30%と2025年問題をとっくに通り越して2040年問題も通り過ぎてる人口比になっております。
少子高齢人口減で社会資源の少なく、日本の人口問題の最先端を行っているように思います。
そこでどのような取り組みを行えば、那賀町に住む人々が幸せになるか?
官民学一体となり日夜試行錯誤しております。

新たなる社会資源の発掘と人生100年時代を見据えて、那賀ライフシフトカレッジを開校いたします。

20歳前後まで教育を受け、就職してからは60代まで働き、引退後は基本的にのんびり過ごす。という「3つのステージ」が通用しなくなってきています。
人生100年時代と考えた時に退職後40年をどのように過ごすか。20代までに学んだ知識と60代までに蓄えた資産で残りの人生を過ごすのは、難しい時代に突入したと言われています。
100年ライフを送るためには、お金ももちろん必要ですが、お金に換算できない無形の資産も重要になってきます。無形資産には、生産性資産【所得を増やすために役立つ要素】、活力資産【肉体的・精神的な健康と幸福】、変身資産【新しいステージへの移行を成功させる意志と能力】などがあります。
「那賀ライフシフトカレッジ」では、この無形の資産を習得していただくことが目的です。
本学会にご賛同頂きました団体会員の皆様

本学会にご賛同頂きました賛助会員の皆様